3月25日(金)、「イースター・エッグをみんなで作ろう」イベントを開催しました。

アクセスが良い場所と言えないながら、10組の親子の方々にお越しいただき、おかげさまで、和やかな雰囲気で、イベントのひと時を持つことができました。

お越しくださった方々に、改めて感謝申し上げます。

会場の様子

イースター・エッグの製作では、皆さん、シールやペン、クレヨン、テープなどを思い思いに使われて、個性豊かな作品を作ってくださいました。

小さなお子さん方も、お母さんの手を借りながら、上手に作っていましたね。

また、今回、製作スペースとは別に、遊びまわれるスペースを用意しました。元気いっぱいな子どもたちは、そこで着ぐるみのうさぎと戦ったり、走り回ったりして、楽しんでくれたようです。

紙芝居・絵本の読み聞かせでは、お子さんたちが、紙芝居・絵本にかじりつくように
見てくれました。

卵探しゲームでは、製作したイースター・エッグをお子さんたちに隠してもらい、お母さん方に探していただきました。年長のお子さんは、なかなか巧妙に隠されていて、ヒントをもらいながら探されるお母さんもいらっしゃいました。また、小さいお子さんには、”隠す”というのが、ちょっと難しかったようで、卵を持ったまま自分が隠れてみたり、卵を持ったままお母さんのところに戻ったりして、かわいらしい姿で笑いを届けてくれました。

 

児童家庭支援センターみなとでは、28年度もまた、こうしたイベントを実施する予定でいます。職員の数が少なく、なかなか頻回に実施できないのですが、次回は夏以降を予定しています。

その際は、また、こちらのHPでも案内を出させていただきますので、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

それでは、寒暖の差が大きな時分ですので、皆様、どうぞご自愛くださいませ。